安心・安全なパソコン廃棄、処分、買取、データ消去はお任せください!! 【大阪、神戸、東京】

よくある質問

お引取りに関するお問合せ

はい。お客様のご希望日時をお伺いし、日程の調整をさせていただきます。
はい。パソコン1台から大口物件まですべて回収・処理いたします。
はい。どのメーカーのパソコンでもお引取いたします。複数メーカーが混在していても構いません。
はい。お引取し、リサイクル・再資源化いたします。
状況により当日でも可能な場合もありますが、12月、3月は混み合いますのでお断りする場合もございます。
余裕を持って早めのご予約をお願いいたします。
いいえ。
産業廃棄物処理委託契約の締結やマニフェスト伝票の発行などの事務手続き、回収・積込・荷降作業の安全性を考慮し、持込はお断りしています。また、法律上宅配便等でお送りいただくこともできません。
処分場にて手解体を行い、リサイクル・再資源化いたします。
解体処理時に、HDは穴あけ処理、FD・CD・DVD等はシュレッダーにて粉砕処理を行いますので、データ漏洩の心配はありません。
はい。オフィスで使用していただいている通常のOA機器であればお引取可能です。
その他特殊な機器やオフィス家具についてはお問合せください。
各引き取り場所へお伺いする場合、別途運送費が必要ですが、同一日であれば通常単価よりお値引きすることが可能です。
お引き取り場所が複数ある場合はご相談ください。

事務手続きに関するお問合せ

はい、もちろん無料です。お気軽にご連絡下さい。
産業廃棄物として解体、リサイクルの処理を行いますので、産業廃棄物処理委託契約の締結が必要となります。
契約内容をご確認いただき、事前にご締結いただきます。
マニフェスト伝票は、本来は排出事業者(お客様)が廃棄物処理業者に廃棄物処理を依頼する際に発行する伝票です。
しかし、通常お持ちでないので、弊社が準備しお引取当日にお持ちいたします。
正規な方法で解体・処分したことを随時、お客さまに報告いたします。
いいえ。会社の代表者印や支店長印、工場長印等の法務局に届けている印が必要です。
マニフェスト伝票のご捺印は、立ち会いいただいたご担当者の認印が必要です。
型式やシリアル番号を記載した廃棄証明書を発行いたします。
また、貴社ご指定フォーマットの廃棄証明書についても対応いたします。
リース会社指定の「廃棄証明書」や廃棄目的の「下取り物件受領書」、「リース終了通知書」等についても、ご署名・捺印のご対応をいたします。
平成20年度から産業廃棄物管理票(マニフェスト)交付状況について報告が義務付けられました。
弊社でお引取させていただいたお客様には、前年度の実績を提出指定様式にてご報告させていただいています。

データ消去に関するお問合せ

はい。処分場にてすべてのハードディスクに穴あけの処理をしています。
また、お引取前にデータ消去をご希望の場合はデータ消去出張サービスをご利用ください。
磁気破壊機もしくは物理破壊機をお持ちし、パソコンやサーバーからハードディスクを取り外してお客様の目の前で消去作業いたします。
データ消去後のパソコン・サーバーをお引取りさせていただくため、パソコン処分時の情報漏洩のリスクは無くなります。
はい、可能です。ハードディスクを取り外して磁気破壊機もしくは物理破壊機にてデータ消去作業いたしますので、パソコンが起動しなくても、モニタが壊れていても関係ありません。
はい、可能です。磁気破壊・物理破壊どちらでも対応可能ですので、携帯電話を始め、CD・DVD・ZIP・MO・FD・DAT・DLT・ビデオテープなど、磁気・光・半導体メモリーを問わず対応可能です。
はい、可能です。廃棄処理が伴わない場合は、別途出張費が必要になります。
型式やシリアル番号を記載したデータ消去証明書を発行いたします。
また、貴社ご指定フォーマットのデータ消去証明書についても対応いたします。

その他のお問合せ

はい、できます。日時を調整足しますので、ご希望の日時をご連絡ください。
リサイクル・再資源化率は99%以上です。
目標リサイクル率を取り決め、これを達成するように管理を行なっています。
再生化ルートの確立に努め、今後とも再資源化を確保していきます。

見積無料!! お気軽に!! TEL 050-6861-7910 平日9:00~18:00(土日祝休)
メールは24時間受付ております

PAGETOP
Copyright © nact inc. All Rights Reserved.